--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-11(Tue)

スポーツ障害&能力アップ

4、スポーツ障害&能力アップ

スポーツ障害 関節稼動域の拡大 運動能力の向上
経絡堂のスポーツ障害治療スポーツの障害の原因は 「ぐうぜん・発生しません!」 
故障する前の体は、障害が発生する原因をつくっています。
たとえば、ねん挫ですが“左右のバランス”が崩れやすい体質になっているから、ちょっとしたことで捻挫になってしまいます。

けいらく堂スポーツ治療は、すごくシンプル
 〇〇 気のバランス治療 〇〇 

ご来院⇒すぐに痛みをとる⇒ 〇気のバランスを改善〇 ⇒故障のない体⇒
治療の流れ ~10分から20分程度で、ほとんど痛みは感じない治療!~

1)体を安心させる~スポーツ障害による・痛みを30分程度で解消し、痛みがなくなること。
体にとっては、安心することが大変重要です。「気」の停滞をとれば、痛みは さ~っと消滅します。
2)なぜ?ねん挫などをしてしまうのかをご説明します。疲労が先ではなくて、「気」のアンバランスが下地にあるのです。
3)スポーツ障害になりにくい “バランス良い体質〇になれば、トレーニングが身になる。
4)内臓の健康が、練習により成果の出る体の基本であることを知っていただく。
5)関節の稼動域が広がるから、ディフェンスの能力がアップします。↓

関節稼動域の拡大とは
サッカー・バスケットボール・ラクビーとかディフェンスの動きは、股関節が柔らかいことが良い選手の条件となります。同じ歩幅なら関節の稼動域が広い選手が優位だからです。
関節の柔らかさは、内臓の健康が作っていますから、内臓を整え、気のルートである経絡を修正すれば、関節の稼動域は良くなります。

「けいらく堂」では、整体のように骨を触らず、ボキボキしません。
筋肉や軟骨を痛めずに鍼灸治療で、関節の拡大をしますから、治療後の違和感や事故はありません。

運動能力アップの基本
<

u>〇〇 運動能力アップ 〇〇
加齢により関節の運動能力は低下します。しかし、日常の生活はすべて運動することですから、運動を改善することは、日常生活の安心そのものです。

けいらく堂は“バランス良い体質”こそ、運動改善の基本と提唱しています。
〇正しい筋力トレーニングは、有酸素の運動! しかし、その前に“バランス良い体質”をつくる。
内臓―筋肉―関節へと流れる「気」を整えた後に、トレーニングを行うこと!
↓ぜひ、御覧ください!↓ 
気による新しいスポーツ科学の提案 
『気』のバランス!“バランス良い体質”が、スポーツ&運動能力の障害&改善の基本!
 けいらく堂の提案
1)気のバランスを整える その結果⇒
2)“バランス良い体質”
3)選手の努力が成果につながる。
・決して筋肉や骨を刺激してはいけない。
・筋肉は血液の貯蔵・骨は、カルシュウムの貯蔵をしています。血やカルシュウムを流している「気」を整えれば、自然に体は回復し、鍛えるだけ強くなっていく。

〇〇〇 マニアックかもしれない 気とスポーツの お話〇〇〇

“バランス良い体質”

プロ野球楽天元監督 野村勝也氏
有名な“野村の考え”という本は、ほとんど・人生哲学・についてのべられています。
技術や練習法は、人間について学ぶことで成果につながるとの考えです。
逆は 真実なり!
スポーツ選手は、練習や技術に対して努力はする。
しかし、人間である以上~人間の基本を学び続けないと成長は望めない!という、本質を語っている。
スポーツ選手にしろ、どんな人でも、何かを得て、人の役に立つ人になるためには、本質に気づくことの大切さを語っておられますが、つまりは、心と体の“バランス良い体質”が以下に大事なのか! ~に尽きます。

プロ野球 中日ドラゴンズ・落合監督
「選手にスランプなどない! あるとしたら日常生活の乱れ」
天才集団のプロ野球選手に対して語った言葉ですが、逆は 真実なり!
日常生活のリズムが乱れることで、どんな天才も、成績が落ちることを指摘しています。
つまりは、心と体の“バランス良い体質”に尽きます。

〇〇日々、すごい努力をされているスポーツ選手には おこがましいですが
“バランス良い体質”とは、
目には見えませんが、でも、確実に成果に出てしまう 
「気」のことを知って「気」をコントロールするすべを学び、練習に取り入れていただくことで、
スポーツ障害がすぐ治ったり、障害になりにくい体質となることをけいらく堂は提唱しています。 

「バランス良い体質」

直接的に、運動のバランスは、小脳が管理統括しています。
次に、小脳からの指令は、関節についている筋肉に伝えられます。
特に、バランスは~ 股関節 ⇒膝の関節 ⇒足首の関節へと指令が行き、
バランスのいい運動となります。だから、(股関節)(膝の関節)(足首の関節)これらの周辺が障害となることが多いのです。

バランスの悪い体質 
では、股関節 膝の関節 足首の関節 これらの周辺の「体表」が、
健康なものと比較して必ず異常になっています。
そこから、体内臓器の弱った「気」のルートを導き出して、鍼灸治療により、「気」を整えます。

現役時代の野村勝也氏は、天才ではなかった。
むしろ、平凡な能力を持っていた。努力・トレーニングの量で天才と競争していった。
究極のトレーニングをした人間には本質が見える。
人間を強くするには、人間だから、心と体のバランスが重要となる。

~経絡堂スポーツ障害理論~

-------------------------------------------
向日市マッサージ,スポーツマッサージ,スポーツ障害治療 スポーツ能力向上,トレーニング,
野球肘,サッカー,テニス,ゴルフ肘,京都向日市マッサージ,ぎっくり腰,腰痛,背中痛,四十肩,首痛,膝痛,肉離れ,ねんざ,スポーツ傷害
向日市 コリ痛みしびれ 経絡堂 向日市 コリ痛みしびれ 経絡堂
向日市 コリ痛みしびれ 経絡堂 向日市 コリ痛みしびれ 経絡堂
向日市 コリ痛みしびれ 経絡堂 向日市 コリ痛みしびれ
けいらく 経絡堂WHO(世界保健機関)が有効性を認めた鍼灸療法の治療

スポンサーサイト
プロフィール

向日市.経絡堂 栄允

Author:向日市.経絡堂 栄允
FC2ブログへようこそ!


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。