--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-25(Thu)

気とは

気とは
1.生物の体・肉体・を生かしている動力・エネルギーです。
  目に見えないエネルギーなので
  少々説明をいたします。

2.西洋医学では、目に見えるものだけ扱います。
  今は、西洋医学が主流です。
  だから、
  目に見えない気については、
  ちゃんとした説明をされていません。

3.気は、血と水を動かします。
  たとえば、血は、心臓が動かすと説明されていますが、
  心臓が動かせるのは動脈・手や足の先までです。
  そこから先の・・・実際に生命が必要な細胞までは
  心臓は血を送ってはいません。

4.詳しくは細動脈といいますが、
  血圧はほとんど0です。
  つまり、心臓ではなく気が動かしています。

5.細胞まで届けるためには、気なくして説明ができません。
  生命が必要な血・栄養 水・リンパ液は、
  気という名前のエネルギーが届けています。

6.静脈も同じです。
  心臓に近い静脈だけは心臓が吸い込みます。
  静脈は、99% 気が送っています。

  生命は、血・酸素・水がないと、
  まず生きられません。
  それを運ぶのは気です。

7.結論
  以上のように、生命に必要な血は、
  ほとんど気がめぐらせています。
  気が流れる道を経絡といいます。

  気の流れが 悪くなることを病気といいます。

8.けいらく堂は、その気の道・気を
  整えて、治療としています。

9.補足
  気は、正式には「氣」と書きます。
 

  京都・向日市 けいらく堂 気について

スポンサーサイト
2011-02-09(Wed)

気について    1気の説明

気について 1気の説明東洋医学の経絡堂 向日市けいらく堂 

2109796196_3145d1b4_2086332977_d64bc302_2104613601_0ca605d7_zhenjiao.jpg


人間の体は、約60兆の細胞でできています。
その細胞一つ一つのエネルギーが集まったものを「気」と呼びます。

「気」は、必ず動くものです。動きは流れるとも言います。
気の流れは、川のように決まったルートがあります。
それを経絡といいます。

細胞は、他の細胞を生かすために、このような流れを作っています。
ちょうど、一人の国民が働いたり税金を納めたりして
国民全体を生かそうとしていることと同じです。
道路や電話線が経絡とたとえます。


images121111.jpg    e7949fe5a79c1.jpg
2.気は、微電流のエネルギー
「気」は、微電流のように・目に見えない
・感じない・色もない、しかし
金属と熱に反応しますから、
東洋医学では「鍼=金属」    「灸=熱」を使い、
気の流れをととのえます。


yugami04.jpg
3.コリや痛みは気の左右差が主原因
体の筋肉は、左右に同じものが二つ必ずありますから、
気の流れがどちらかに偏ると、筋肉が萎縮する方と腫れる方に分かれ、
骨も歪み、その結果がコリや痛みとなります。

4.けいらく堂「気」の治療
けいらく堂は、鍼灸を使い、「気の流れ=経絡」をととのえます。
気の流れが改善されると、
自然な感じで体が回復していきます。
だから、コンセプトは「あなたの自然治癒力が治している」としています。


2-5.jpg
5.20歳代の女性
仕事をがんばる女性は、オーバーワークになりがちで、
投薬や化学に頼らず治せるけいらく堂をご利用いただくと、
気持ちよくお休みいただいている間に、治療は済んでしまいます。

けいらく堂では、治療は気持ちよく!と、考えています。
交感神経の偏りで体調を崩します。
治療は、優しく副交感の世界で行うべきと考えています。
神経も気と同じ微電流です。 コリ痛みシビレは気の治療のけいらく堂









プロフィール

Author:向日市.経絡堂 栄允
FC2ブログへようこそ!


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。