FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-10(Fri)

心の育て方~ ②京の仙人

心の育て方~ ②京の仙人
京都東山の瓜生山には、
白幽子が住んだ跡があります。

「白幽子(はくゆうし)」法輪寺による説明書きには
ここは白川の隠士、松風窟白幽子が巌居した跡である。
白幽子の名は慈俊。
石川丈山の弟子となり、兄の克と共に丈山につかえ、
丈山の死に水を取り、晩年ここに隠棲した。
またここは白幽子が内観の法を白隠に伝授した所謂
「夜船閑話」発祥の地でもある。

全長70km!京都一周トレイル 瓜生山から大比叡山頂へ
http://4travel.jp/domestic/area/kinki/kyoto/kyoto/oohara/travelogue/10496448/


白幽子(はくゆうし)は、江戸時代に京都白川の山中の岩窟に住んでいた隠士。数百年生きた仙人とされる。

文禄年間(1592年-1595年)頃には京都の白川の山中に住み、石川丈山の弟子であったという。

1710年(宝永7年)に、禅病に苦しむ白隠が白幽子が住む岩窟を訪れ、白隠に内観の法を伝えたとされる。白隠は『夜船閑話』、『遠羅天釜』にその時の顛末と白幽子から伝えられた内観法の内容を記している。

京都の真如堂に、かつて白幽子の墓と伝えられる石碑があったといい、そこには没年が宝永6年8月9日と刻まれていたという。一説には、享年240であったともされる。

26歳の折、白隠は京都白川の山中に白幽真人という仙道と医道に通じた隠者を尋ねています。前述したように、その頃の白隠は重症の『禅病』を患って、心身が衰弱しきっていました。白幽から、養生の秘法を教えられ、実践して、治癒しました。その体験を72歳の時に『夜船閑話』に書き残しました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

向日市.経絡堂 栄允

Author:向日市.経絡堂 栄允
FC2ブログへようこそ!


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。